【ハースストーン】鋭く切り裂く!「オイルローグ」(CraftingCost1680)デッキを紹介!

更新日:

PCバナー広告


今回は無課金プレイヤーや少額課金プレイヤーの強い味方「オイルローグ(Oil Rogue)」を実戦動画付きで紹介します!

「オイルローグ(Oil Rogue)」クラフティングコスト1680概要

ローグの固有スペルであるティンカーの刃研ぎ油を活かして戦うデッキです。
メジャーな「オイルローグ(Oil Rogue)」デッキはミッドレンジタイプが主流ですが扱いが難しいため、今回は低マナコストのミニオンを多めに採用してボードにミニオンを展開していける構成にしています。

ローグはコンボや多彩なスペルがあり、それぞれが独特の効果を持つためカードを使う順番やミニオンの使い方で大きく戦況が変わるため全クラスの中でも扱うのが難しいクラスです。
低クラフティングコストなデッキで試してみるのをお勧めします!

◆主要カード
・「死角からの一刺し」(基本)0マナ「ダメージを受けていないミニオン1体に、2ダメージを与える。」
HS OL01
0マナで使えるのでコンボカードの前座として使うことが出来る。5マナあればこのカードで2ダメージ与えて、SI:7諜報員でコンボ2ダメージ→腹裂きでコンボ4ダメージと相手の体力8のミニオンを除去した上で3/3のミニオンをボードに出せてしまう。

・「致死毒」(基本)1マナ「自分の武器に攻撃力+2を付与する。」
HS OL02
武器を装備していれば、いつでも3ダメージを出せる。5マナあれば致死毒→ティンカーの刃研ぎ油を使えば武器の攻撃力を+5付与した上でボードのミニオンに攻撃力+3を付与できるので合計8ダメージをブースト可能。

・「千刃乱舞」(レア)2マナ「自分の武器を破壊し、その攻撃力に等しいダメージを全ての敵に与える。」
HS OL03
自分の武器を破壊してしまうため使うタイミングは難しいが、武器の耐久が2残っている状態で致死毒で攻撃力+2して武器で殴った上で、このスペルを使うと単独で3ダメージ+ヒーローを含む敵全体に3ダメージを与えることができ、武器の攻撃力ブーストを無駄なく活用できます。

・「腹裂き」(コモン)2マナ「2ダメージを与える。コンボ:代わりに4ダメージを与える。」
HS OL07
コンボで使いたいスペルだが、2マナスペルなのでコンボ無しでも優秀なカード。ヒーローにも使えるためコンボでフィニッシャーとしても使う機会が多い。

・「SI:7諜報員」(レア)3マナ3/3「コンボ:2ダメージを与える。」
HS OL04
コンボを利用することで反撃の起点になるミニオン。

・「ティンカーの刃研ぎ油」(コモン)4マナ「自分の武器に攻撃力+3を付与する。コンボ:ランダムな味方のミニオン1体に攻撃力+3を付与する。」
HS OL05
ローグデッキには欠かすことが出来ない主力カード。コンボで使った時の効果は破格で、1ターンで10点以上のダメージを狙うことが可能です。

・「墓荒らし」(コモン)4マナ5/4「断末魔:自分の手札に「コイン」1枚を追加する。」
HS OL06
4マナで5/4と優秀な能力を持っている上に、倒されてもコインカードを入手できる。除去されても次のターン以降でコインを使ってコンボやマナブーストに繋げることができます!

◆今回紹介するデッキはクラフティングコスト1680で作れるデッキになります。
HS OL

同じミニオンが無いから詰んだ・・・と言う方に代用カードを紹介!

◆コスト1カード
・影隠れ(コモン)「味方のミニオン1体を自分の手札に戻す。そのミニオンのコストは(2)減る。」
ボードのダメージを受けているミニオンを手札に戻したり、雄叫びを持つミニオンを戻して再度雄叫びを発動させるなど使い方次第では強力なスペルカード。

・エサゾンビ(コモン)2/3「断末魔:敵のヒーローの体力を5回復する。」
デメリットはあるが1マナミニオンで体力3は駆除されにくいのでボード維持に最適。
中盤以降は相手ヒーローを回復してしまうので使いにくいが王の祝福で強化できれば決め手になる。

・バッカニーア(コモン)2/1「自分が武器を装備する度、その武器に攻撃力+1を付与する。」
ヒーローパワーの武器を底上げできる。マナコスト1なのでコンボの起点にも!

・南海の甲板員(コモン)2/1「自分のヒーローが武器を装備している場合、突撃を持つ。」
武器を装備していればボードにミニオンがいなくてもこのミニオンをボードに出して、ティンカーの刃研ぎ油のコンボで攻撃力ブーストして即フィニッシャーとして活躍できる。

・冷血(コモン)「ミニオン1体に攻撃力+2を付与する。コンボ:代わりに攻撃力+4を付与する。」
マナコスト1なのでコンボの起点にも使える。コンボで使えばフィニッシャーの強化としても優秀。

◆コスト2カード
・戦利品クレクレ君(コモン)2/1「断末魔:カードを1枚引く。」
ローグは複数のカードを使うことで強さを発揮するので手札を増やす手段は多く確保したい。

・ドス(基本)「1ダメージを与える。カードを1枚引く。」
コンボの起点やドロー目的で使える。呪文ダメージ+1を持つミニオンをボードに出しているときに使いたい。

◆コスト3カード
・大地の円環の遠見師(コモン)3/3「雄叫び:体力を3回復する。」
デッキに組み込むミニオン数が少ないためボードのミニオン回復やヒーローの回復に活躍できるミニオン。

◆コスト4カード
・手動操縦のシュレッダー(コモン)4/3「断末魔:ランダムなコスト2のミニオン1体を召喚する。」
4マナ中立ミニオンとしては最高の1枚。除去されてもミニオンを召喚するので反撃の起点になる。

◆ガジェッツァンの競売人(レア)4/4「自分が呪文を使う度、カードを1枚引く。」
0マナや1マナ消費のスペルが多いローグに相性抜群。墓荒らしの断末魔で得れるコインや段取りなどを組み合わせるとボードに出した時点から複数枚のカードをドローすることが出来る。

「オイルローグ(Oil Rogue)」実戦動画!

◆【ハースストーン】鋭く切り裂く!「オイルローグ(Oil Rogue)」(CraftingCost1680)で実践!【5試合】
・1試合目vsハンター(9ターンで勝利)
・2試合目vsウォーロック(7ターンで勝利)
・3試合目vsシャーマン(9ターンで勝利)
・4試合目vsドルイド(11ターンで勝利)
・5試合目vsハンター(7ターンで勝利)

「オイルローグ(Oil Rogue)」をもっと強化したい!

上位ランクの「オイルローグ(Oil Rogue)」で使われているエピック以上のカードを紹介します。

◆コスト2カード
ブラッドメイジ・サルノス(レジェンド)1/1「呪文ダメージ+1・断末魔:カードを1枚引く。」
攻撃スペルの底上げになる上に断末魔でカードまで引く。中盤以降のコンボの起点にも使える出せば得するミニオン。

◆コスト3カード
・エドウィン・ヴァンクリーフ(レジェンド)2/2「コンボ:このターン中で、先にプレイされたカード1枚ごとに+2/+2を得る。」
後攻の場合、2ターン目にコインを使って0マナコストのカードを使うと6/6のミニオンになってしまう。序盤に6/6で出されたら相手はお手上げ状態に(笑)

◆コスト7カード
・ドクター・ブーム(レジェンド)7/7「雄叫び:1/1のブームロボを2体召喚する。警告:ロボは爆発する場合がある。」
どのクラスでもデッキに採用される凶悪ミニオン。ロボは断末魔で爆発ダメージ1~4なので必ず傷跡を残せます。

◆コスト9カード
・マリゴス(レジェンド)4/12「呪文ダメージ+5」
体力12で除去されにくい。呪文ダメージが数倍の威力になるので即フィニッシュが狙える。

コスト10以上で条件でコストが下がるカード

◆コスト10カード
・海の巨人(エピック)「戦場にいるミニオン1体ごとに、コストが(1)減る。」

・霧の巨人(エピック)「この対戦で自分がヒーローパワーを使用した回数につき、コストが(1)減る。」

◆コスト12カード
・山の巨人(エピック)「このカード以外の自分の手札1枚ごとに、コストが(1)減る。」

・ゼンマイ仕掛けの巨人(エピック)「敵の手札1枚ごとに、コストが(1)減る。」

◆コスト20カード
・溶岩の巨人(エピック)「自分のヒーローが受けているダメージ1ごとに、コストが(1)減る。」

◆動画情報
・プレイ環境:Windows7
・Hearthstone Version:4.1.0
・CV:さとうささら(CeVIO)
・プレイヤー:タリム

〆 ぐだぐだぶろぐ by タリム

-●ゲーム, ●ハースストーン, ●動画
-, , , , ,

Copyright© ぐだぐだぶろぐ , 2018 AllRights Reserved.