シャープより8K(スーパーハイビジョン)モニター第一弾モデル<LV-85001>発売!

更新日:

PCバナー広告


シャープは、市販品として世界で初めて※1、8K(スーパーハイビジョン)規格の映像に準拠※2し、かつ8K解像度でのHDR拡張表示※3にも対応した高精細・高画質な8K映像モニター※2<LV-85001>を10月30日より発売します。

 ※1 2015年9月16日時点。
 ※2 8K(スーパーハイビジョン)規格の映像は、アスペクト比16:9、画素数7,680×4,320、表示フレーム周波数最大120Hz、BT.2020色域、量子化ビット数最大12ビットなどが定められており、本機はこれらに準拠した表示能力を持ちます。(7,680×4,320画素液晶パネル、地上・BS・110度CSデジタル放送チューナーを搭載しますが、BS・110度CSによる4K・8K放送を受信する機能は搭載しておりません)
 ※3 映像信号を分析して輝き成分を抽出・拡張表示し、映像のコントラスト感を高める技術。HDR:ハイダイナミックレンジの略。

ニュースリリース全文はこちら。
製品紹介ページはこちら。

8Kモニターについて深掘りしてみました!

・価格はオープンプライスとの事ですが、1600万円程度のようです。

・パネルサイズは85インチで解像度は8Kなので「7680x4320」。配線はHDMI2.0ケーブル4本接続。

・消費電力1440W。

すべてが規格外www。2018年から予定している8K商用放送向けのコンテンツを作るための製品ですが、コンテンツ作るには映像を撮るカメラや記憶媒体、8K映像を作成するパソコンなどのハードやソフトも必要となります。

現実的に3年後に8Kコンテンツを利用できるユーザーはいるのでしょうか。3年後では今よりTV離れが進んでいると思うしインターネットでの配信も容量が大きすぎて現実的ではないし、8Kコンテンツを配布するメディアも無い・・・。Blue-rayもいまいち盛り上がりが・・・。

〆 ぐだぐだぶろぐ by タリム

-●エンタメ

Copyright© ぐだぐだぶろぐ , 2018 AllRights Reserved.