【ハースストーン】「いざ、大魔境ウンゴロへ!」新規拡張カードパックリリースを発表!【マンモス年】

投稿日:

PCバナー広告


2017年2月27日BLIZZARD ENTERTAINMENTから新規拡張カードパックとして「いざ、大魔境ウンゴロへ!」を4月初旬にリリースすることを発表しました。

「いざ、大魔境ウンゴロへ!」のリリースと共にスタンダード環境が「クラーケン年」から「マンモス年」に切り替わり「ブラックロック・マウンテン」「グランド・トーナメント」「リーグ・オブ・エクスプローラー」がスタンダードからワイルドへ移行します。

上記以外にクラシックカードの「アジュア・ドレイク」「シルヴァナス・ウィンドランナー」「炎の王ラグナロス」「凄まじき力」「アイスランス」「隠蔽」がワイルドへ移行することが発表されています。

・公式サイトはこちら。

「いざ、大魔境ウンゴロへ!」公式サイトより抜粋!


原始の驚異、大地に眠る秘密、そしてエレメンタルのエネルギーに満ちた古代のジャングルがあんたを待つ。それがハースストーンの最新拡張版「大魔境ウンゴロ」だ!

 

大魔境ウンゴロ・食人花が裂き乱れる地
エリーズ・スターシーカーと彼女の探検隊員達に同行し、ウンゴロ・クレーターの未探査地域に足を踏み入れよう! 準備はいいか? 深い霧に閉ざされたジャングルの道なき道を進むんだ。スリリングな大冒険に驚異の新発見、さらには失われた悠久の謎を体験する最初の人類になれるチャンスもある。ウンゴロの原始的な住民があんたの好奇心を暖かく受け入れるとは限らないが、もしかすると、あんたが困った時に力を貸してくれるヤツとの出会いが待ってるかもしれないぞ。

環境への適応
日誌には綿密にメモを取れ! ウンゴロの住民はみんな、一目見ただけじゃわからない何かを秘めてるからな。ハースストーンの最新拡張版では新種のミニオン、呪文、その他合わせて135種類のカードがあんたを待ってるぞ。

何よりも始原のものと言えば、元素の精霊そのものだ。そしてウンゴロに宿る古代の力は、そこに住むエレメンタルに新たな活力と獰猛さを与えるんだ。マーロック、ドラゴン、海賊、獣などのミニオンタイプに、新しく「エレメンタル」が追加されるぞ。既にお馴染みの連中の何体かも、今回改めて「エレメンタル」になるからな。

羽ペンを取れ、早く!――あそこにいるのはウンゴロに生息する恐竜の一種、「緑なすロングネック」だ。一見大人しい草食恐竜に見えるだろ? だがヤツらは、周囲の状況に適応するため急速に変化する能力を持つことで知られてるんだ。いいか、今から大事な説明をするからな、きっちり書き留めとけよ!

新しい能力「適応」は、ミニオンに状況に合った新しい能力を獲得させるためのものだ。「適応」を持つカードを使うと3つの選択肢が表示されるぞ。そこは「発見」の仕組みと似てるな。3つの選択肢から1つを選ぶと、ミニオンに即座にその能力が発現するんだ。「適応」の選択肢は全部で10種類だ。適者生存の法則を、あんたの力に変えてみな!


ウンゴロにいる間は、あらゆるものを観察し、記録するようにな! 灼熱の火山から、ねばつき泡を吹くタール抗まで、エキサイティングな新発見があっちにもこっちにも隠れてるんだ。その全てを見つけ出すのを、あんたの個人的クエストにしてみなよ!

クエストカードはハースストーンに加わるエキサイティングで新しいカードタイプだ。クエストカードは全てレジェンドだから、デッキには1枚しか入れられない。だが、必ず最初の手札に入るようになってるぞ。クエストにはそれぞれ、達成すべき条件が書かれていて、それを達成すると、ものすごい報酬が手に入るんだ! プリーストのクエスト「目覚めよ創造主」と、達成報酬のカード「希望の番人アマラ」を紹介しよう!

ツタをかき分けて、手持ちの望遠鏡で覗いてみな。鬱蒼と茂ったウンゴロのゲーム盤が見えるだろ!

「大魔境ウンゴロ」の先行購入

危険な旅になるからな、前もってあらゆる状況に備えておけ! 明日から、「大魔境ウンゴロ」のカードパック50個を$49.99で先行購入できるんだ。しかも、化石風のカード裏面デザインが付いてくるぞ! この追加物資は、一足先にベースキャンプに届けられて、あんたの到着を待ってるからな。エリーズによれば、あんたがベースキャンプに到着するのは4月の始めになるはずで、拡張版の正式リリースに丁度間に合う計算だ。

ウキウキ・ウハウハ・ウラウラ・ウンゴロ

出発する前に探検用装備が揃っているか、もう一度確かめておこう。恐竜避けスプレーは? よし。タール落としは? よし。ハースストーンに対応するデバイス(Windows、Mac、iOS、Android)…よし! どうやら出発の準備はだいたいできてるようだな!

エリーズ・スターシーカーと勇ましいちびの探検隊は、ウンゴロで発見した新種の目録を特設サイト「ungoro.com」で公開してるぞ。エリーズの調査団のメンバーであるあんたには、探検隊の行先を提案する権利もある。つまりあんたの提案で、何を発見できるかが左右されるかもしれない、ってことだ。あんたの専門家としての才覚を生かすためにも、度々サイトをチェックしてくれ。

あんた自身が何か発見したときは、ハッシュタグ #ウンゴロ を使ってソーシャルメディアで発表してくれよ。大発見を世界と共有するのが、真の冒険者だからな! 俺たちもウンゴロの秘密(そしてミニオンや呪文)をハースストーン日本公式Twitterで共有するぞ

以上、大魔境ウンゴロについて紹介させてもらったぞ! 3月17日(太平洋時間)から、さらに新カードを公開していくからな。さあ、道なき道を突き進むぞ――マンモス年と大魔境ウンゴロは4月初頭に正式スタートだ!


スタンダード環境のカード枚数は一時的に減りますが、カードの効果に「適応」「クエスト」ミニオンのタイプに「エレメンタル」が追加される上にクラシックの定番カードがワイルドへ移行するため従来の主要デッキが大きく変わることとなります。

スタンダード環境「マンモス年」では・・・
・「ブラックロック・マウンテン」では、「ソーリサン皇帝」「ぐったりガブ呑み亭の常連」「ドラゴンの卵」ミニオンタイプの「ドラゴン」も多く減ります。

・「グランド・トーナメント」では、主要レジェンドだけでも「アヴィアナ」「ローニン」「潔白のエアドリック」「ヴァリアン・リン」「シャスティサー・トゥルーハート」がワイルドへ移行しエピック以下でもおなじみの主要カードが減ります。

・「リーグ・オブ・エクスプローラー」では、クラスカードで「ワタリガラスの偶像」「忘れ去られた松明」「イセリアルの召術師」「ウルダマンの番人」「七つの鯛罪」「埋葬」「墓荒らし」「トンネル・トログ」「闇の売人」「獰猛なサル」などがワイルドへ移行。
中立カードでは主要レジェンドで「サー・フィンレー・マルグルトン」「ブラン・ブロンズビアード」「エリーズ・スターシーカー」「レノ・ジャクソン」「大怪盗ラファーム」がワイルドへ移行。

「エリーズ・スターシーカー」は、「いざ、大魔境ウンゴロへ!」のPVでナビゲーション役ですがスタン落ちするんですね(笑)
長らく数々のデッキで主役だったカードが大幅に切り替わり感慨深いところがあります。

新しいカード達との出会いが楽しみです!

〆 ぐだぐだぶろぐ by タリム

-●ゲーム, ●ゲーム&エンタメ, ●ハースストーン
-, , , , ,

Copyright© ぐだぐだぶろぐ , 2018 AllRights Reserved.