【新三本の矢】安倍晋三首相「戦後最大の経済GDP600兆円を目指し、規制改革を進め生産性革命を起こす。」と表明。

更新日:

PCバナー広告


10月15日安倍晋三総理は、規制改革会議で「規制改革に終わりはありません。戦後最大の経済GDP600兆円を目指して、『生産性革命』を起こし、あらゆる分野に浸透させていかなければなりません。そして、その妨げとなる制度は聖域なく改革を行ってまいります。」

「企業や個人には、解き放たれれば大きな変化を起こすことができる力があります。例えば、外国からの観光客は、ビザの緩和により数百万人増えました。免税店も対象品目を広げ、同じ商店街なら手続を一括できるようにしたところ、店舗数が半年で倍増しました。

「喫緊の課題は、宿泊施設をどう確保するかに移ったと言えると思います。そこで、『民泊サービス』の規制を改革していきます。国家戦略特区の先行事例を踏まえ、特区諮問会議としっかりと連携しながら、突破口を開いていただきたいと思います。」

「これ以外にも様々な分野で、効果が高い規制改革の課題を引き続き発掘していきます。投資促進、雇用、健康・医療、農業、地域活性化など、『一億総活躍社会』の実現に向けた、大胆な提言をよろしくお願い申し上げます。」
と述べ、規制改革に取り組むよう要請しました。

[出典:首相官邸ホームページ]

記事への反応

・夢物語もいい加減にしなよ。貧乏でもどうやって幸せに暮らすか考える時代にきてるでしょ。

・GDPをそんなに上げないといけないものなのかね。国際社会でのメンツが欲しいだけだろ。

・革命とかサヨクみたいな事言うんじゃねえよ。

・昔みたいに日本のメーカーに優位性があった時代ならできたかもしれんが海外に売れるものがもうあんまりないのにどうやって経済成長するんだ?

・中国頼りの改革で中国が破綻したらどうすんの?本当に目先の事しか考えていないな。

・生産性革命起こしたらGDP減ると思うんだけどなぁ。

・需要がないと生産性上げても雇用が減るだけ。消費税増税で需要削る宣言しながら経済成長とかあほだろ。いつになったら理解できるんだろう。

・三本の矢じゃなくて三枚の的だからねあれ。撃ち方は分からんらしい。

・さすが安倍首相、素晴らしい政策だな。民泊自由化で年間の訪日観光客が1億人位になれば、経済効果は計り知れない。


今の名目GDPは500兆円で2020年までにGDP600兆円にするには1980年代のバブル期と同じぐらいの成長と勢いが必要です。
バブル期は1万円札が飛び交うほどの異常な状態で同じような成長ができるとは思いません。
今回の「民泊サービス」は2020年の東京オリンピックで外国人旅行者の特需を睨んだ規制改革ですが、仮にバブル期と同じ成長を実現し名目GDP600兆円を達成できたとしても、2020年の東京オリンピックが終わった後の落ち込みが怖すぎます。
東京近隣で「民泊サービス」は成り立つのかな・・・。

〆 ぐだぐだぶろぐ by タリム

-●政治

Copyright© ぐだぐだぶろぐ , 2018 AllRights Reserved.